『相続申告手続き』 | 相続にお薦め税理士

遺産相続財産クリニック

遺産相続財産クリニックTOP > 相続ワンポイント > 相続申告手続き

相続ワンポイント  |  相続開始後の申告手続きスケジュール

相続開始

死亡届け

 

死亡届は、7日以内に死亡診断書を添付して市町村に提出します。

 

葬式

初七日

 

かたみ分けなどが行われます。

遺言書

遺言書があれば、家庭裁判所で検認を受けた後、開封します。

香典返し

三十五日忌又は四十九日忌法要のころに行われます(但し、葬式費用には含まれません)。

四十九日

このころまでに納骨などが行われます。

遺産概要

相続の放棄をするかどうか決めます。

相続放棄と限定承認

 

家庭裁判所に申述します。

相続人の確定

被相続人と相続人の本籍地から戸籍謄本を取り寄せます。

準確定申告による所得税消費税の納付

 

被相続人の死亡した日まで所得を税務署に申告します(準確定申告)

遺産債務の調査

 

チェックシートに基づき現物チェックします。

遺産の相続税評価

評価のしかたがわからないときは、専門家に相談します。

遺産分割協議書の作成

相続人全員の実印と印鑑証明書が必要となります。

相続税申告書の作成

納税資金の準備・延納又は物納にするかは検討します。

相続税の申告と納付

被相続人の死亡した時の住所地の税務署に申告、納税します。(延納、物納の申請も同時です)

遺産の名義変更

不動産の相続登記や預貯金、有価証券の名義変更書換えをします。

 

相続申告手続きワンポイント!!

  • 相続の放棄、限定承認を行う場合には、3ケ月以内に。
  • 4ケ月以内に亡くなった被相続人の所得税.消費税の確定申告書の提出と税金の納付。
  • 遺産相続財産の分割協議をできるだけ早く成立させる。相続税額の節税には必ず必要。
  • 分割協議が成立しなくても10ケ月以内に相続税の申告書の提出と相続税額の納付が必要。
  • 相続財産である預貯金、不動産等の名義変更、相続登記は相続税額が確定してから必ず一番最後に行う。相続登記のやり直しは、相続税の他に贈与税が課税される。

【免責事項】

このコンテンツは、サイトを閲覧される方の参考情報としてご覧いただいております。

税理士新谷健税理士事務所はご利用者が被るいかなる不利益についても一切責任を負いません。

予めご了承のうえご利用下さい。

実際の税務上の判断は必ず税理士や税務署に確認してください。

相続ワンポイント一覧へ戻る

お問い合わせ