遺産相続財産の分割協議の成立が節税の前提』 | 相続にお薦め税理士

遺産相続財産クリニック

遺産相続財産クリニックTOP > 相続ワンポイント > 遺産相続財産の分割協議の成立が節税の前提

相続ワンポイント | 相続税の節税は相続財産の分割協議から!!

遺産相続財産の分割協議の成立が相続節税の前提

相続税の節税は相続財産の分割が条件です。

1.配偶者の相続税額の軽減の特例!

配偶者の税額軽減 配偶者が原則として相続税の申告書の提出期限までに相続財産を分割協議により相続した場合には、その相続財産のうち配偶者の法定相続分(最低1億6千万)までについては相続税額が軽減されます。

 

 

 

配偶者が原則として10ケ月以内に、相続財産を分割協議により取得した場合には配偶者の相続税額の軽減の特例により相続税の節税が可能です。

次の相続の時も考えて配偶者の相続財産の分割相続財産を決める。次の相続の時には配偶者の相続税額の軽減の特例はありません。

税理士にお問い合わせ下さい!← 相続財産安心パックはこちら!

2.小規模宅地等の居住用.事業用の減額特例と特定事業用資産の特例!

原則として相続税の申告書の提出期限までに相続財産の分割により取得した相続財産のうち小規模宅地等である居住用または事業用宅地等については相続税評価額が50%から最大80%減額されます。

特定事業用資産については株式または出資の相続税評価額から10%の減額が、山林については5%の減額の適用がそれぞれ可能です。

原則として10ケ月以内に分割して取得した相続財産が、 小規模宅地等である居住用宅地等.事業用宅地等特定事業用資産に該当する場合には 、それぞれ相続税評価額が大きく減額され相続税額の節税が可能になります。

税理士にお問い合わせ下さい! 相続財産安心パックはこちら!

3.農地等の相続税の納税猶予の特例!

 農業の後継者である相続人が一定の農地を相続により相続税の申告期限までに分割して取得した場合には、その農地に係る相続税額のうち一定の税額が猶予されます。

  • 農業の後継者である相続人の死亡した場合
  • 20年間農業経営を継続した場合
  • 農業の後継者に農地の全てを生前一括贈与し贈与税の納税猶予の特例を受ける場合には猶予された相続税額が免除されます。
  • 相続から10ケ月以内に農業の後継者である相続人が 分割して農地を取得することが相続税の納税猶予の特例の絶対条件です。

【免責事項】

このコンテンツは、サイトを閲覧される方の参考情報としてご覧いただいております。

税理士新谷健税理士事務所はご利用者が被るいかなる不利益についても一切責任を負いません。

予めご了承のうえご利用下さい。

実際の税務上の判断は必ず税理士や税務署に確認してください。

相続ワンポイント一覧へ戻る

お問い合わせ