相続対策は遺産相続クリニック | 相続にお薦め税理士

遺産相続財産クリニック

遺産相続財産クリニックTOP > 遺産相続財産クリニック

生前相続対策を遺産相続財産クリニックで!!

まだ相続が発生していない方の生前相続対策です。

現状での相続財産と相続税額を知ることが、相続税節税と争続防止の相続対策の始まりです。

遺産相続財産クリニックは簡易ですが、現状での相続の問題点を知ることできます。

1.相続財産と相続税額を知る必要!

家族全員の相続 相続税は毎年の確定申告の所得税.消費税と異なり一生に1回だけ、課税期間の対象を1年間ではなく一生を課税期間としているため高額な相続税額となります。

 さらに相続税は相続財産を相続税評価額で課税するため相続税評価額での相続財産を計算することは相続税を節税するための第一歩です。

 

  生前に相続財産と相続税額を計算したほうが当事者が亡くなって初めて計算する場合に比べ節税が可能であり、相続人となるご家族の支払う相続税額を事前に知ることができます。

  • 相続税の節税対策は、現状での相続税額.相続財産の内容.相続税の納税資金の検討から始まります。
PDFをご覧頂くには、Adobe社のAcrobatReaderが必要です。 お持ちでない方はこちらから無料でダウンロードできます。
税理士にお問い合わせ下さい! 相続財産安心パックはこちら!

2.相続税の節税方法と相続財産の分割方法

相続税の節税 相続財産と相続税額を知ることで、相続税の節税方法と相続財産の分割方法を検討できます。

 

 相続税の節税は相続財産が相続人間で遺産分割協議が成立することを前提に規定されています。遺産分割協議が相続開始から10ケ月以内に成立しない場合には、相続税の節税規定の適用が原則としてありません。争続になれば相続税の節税と相続税の申告は困難になります。

 

 相続財産の相続税評価額を下げる.少なくするすることで相続税額は確実に節税できます。土地の利用方法を月極め駐車場からアパ-ト経営に変える.相続財産をご家族に数年に分けて贈与する等ことなどは、相続財産を少なくし評価額を下げ相続税の節税をすることになります。

 

 さらに贈与を利用することで、特定の相続財産を確実に移転し相続財産の分割時の争続防止にもなり、土地の利用方法の変更は相続後の相続人であるご家族に安定収入をもたらします。

 

  • 相続対策はすべてが完全オ-ダ-メイドでしか対応できません。
  • 相続対策は相続税の節税.相続財産の分割の争い防止.相続税の納税資金の確保の3本柱が必須!
PDFをご覧頂くには、Adobe社のAcrobatReaderが必要です。 お持ちでない方はこちらから無料でダウンロードできます。
税理士にお問い合わせ下さい! 相続財産安心パックはこちら!

3.相続税の納付方法と相続財産の運用方法

家族の相続対策

 相続税の節税方法は相続税額を少なくし、相続財産の分割を争いのないように行い、相続税の納税資金を準備できることです。

 

 相続税の節税規定は、相続財産が分割できないと適用がありません。

 

 相続税は原則現金納付ですから相続財産の運用方法を検討し不足する納税資金を準備できるようにする必要があります。

 

相続税を支払うのは相続人であるご家族です。相続対策はご家族全員に必要です。

相続税を支払うことでご家族である相続人の生活に支障がでるようであれば、相続対策をする意味がありません。

  • 資産運用の見直しで相続税の納税資金の準備と相続財産の分割までも可能に!
  • 資産運用の見直しは相続後の相続人であるご家族の生活の安定にもつながります。
PDFをご覧頂くには、Adobe社のAcrobatReaderが必要です。 お持ちでない方はこちらから無料でダウンロードできます。

上記の1~3までの相続税の現状分析.節税方法.納付方法等と税務相談まで提供する遺産相続クリックは60,000円(消費税別)でどなたでもご利用できます。

お問い合わせ