『土地の相続税評価額を下げて相続税を節税』 | 相続にお薦め税理士

遺産相続財産クリニック

遺産相続財産クリニックTOP > 相続ワンポイント > 土地の相続税評価額を下げて相続税を節税

相続ワンポイント | 土地の相続税評価額を下げて相続税を節税

土地の相続財産の評価額を下げると相続財産が減ったことになります。

相続財産が減れば相続税を節税することになります。

1.月極め駐車場をアパート経営に変更

アパート経営で節税 不動産への相続税の課税は不動産の相続税評価額に課税されます。したがって、相続税評価額が下がれば続税額も節税できることになります。


土地の利用方法で土地の相続税評価額は大きく異なります。

 

たとえば月極め駐車場をアパ-ト経営に変更した場合、土地の相続税評価額は約2割引下がります

 

1000万円土地の相続税評価額が下がり相続税税率が20%であれば200万円相続税額の負担が少なくなります。

  • 土地の利用目的で相続税額の税負担は節税できる。
  • 土地の有効利用と相続税評価額の引下げの組み合わせを考える。
税理士にお問い合わせ下さい! 相続財産安心パックはこちら!

2.相続税評価額は土地の利用目的の形状により下がります!

 下の図の佐藤さんと隣の鈴木さんは同じ広さの土地で自宅の一部を共に月極め駐車場として賃貸しています。しかしそれぞれの利用目的の形状が異なっています。また自宅部分は共に特定居住用宅地として小規模宅地の相続税の特例が可能であり、佐藤さんと鈴木さんの土地の相続税評価額(路線化方式)を比較した場合には同じでしょうか?それとも?????

この場合には佐藤さんの方が鈴木さんより土地全体の相続税評価額は下がると思われます。

  • 土地の広さが同じで利用目的が同じでも相続税評価額は下げことができる。
  • それそれの利用目的の土地の形状で全体の相続税評価額は下げることが可能。

月極駐車場

税理士にお問い合わせ下さい! 相続財産安心パックはこちら!

3.借入金の利用は要注意 アパ-トかマンション経営か?

 アパ-ト経営をすることで土地の相続税評価額を約2割下げることができますが、マンション経営をした場合はどうでしょうか?

 マンション経営をした場合にも土地の相続税評価額はアパ-ト経営と同様約2割下がります。建築コストの多寡で土地の相続税評価額は変わりません。

 したがって、金融機関の借入金で建築コストの高いマンションよりアパ-ト経営のほうが早く建築コストを回収でき安全です。

  • 相続税の節税対策はリスクを最小限に!
  • 相続税の節税のための借入金の返済期間は最短に!
PDFをご覧頂くには、Adobe社のAcrobatReaderが必要です。 お持ちでない方はこちらから無料でダウンロードできます。

【免責事項】

このコンテンツは、サイトを閲覧される方の参考情報としてご覧いただいております。

税理士新谷健税理士事務所はご利用者が被るいかなる不利益についても一切責任を負いません。

予めご了承のうえご利用下さい。

実際の税務上の判断は必ず税理士や税務署に確認してください。

相続ワンポイント一覧へ戻る

お問い合わせ