『不動産の有効利用で相続税を節税』 | 相続にお薦め税理士

遺産相続財産クリニック

遺産相続財産クリニックTOP > 相続ワンポイント > 不動産の有効利用で相続税を節税

相続ワンポイント | 不動産の有効利用で相続税の節税

不動産の有効利用は相続税の節税だけでなく納税資金の準備,相続人の長期間の安定した生活を可能にします。

1.不動産の利用方法で相続税評価額は下がります。

不動産の相続税評価額 相続税の課税対象となる不動産の相続税評価額は、その不動産の利用方法により異なります。

 

 たとえば月極め駐車場として賃貸してる土地を賃貸アパ-ト経営に変えると、駐車場用地の土地の相続税評価額に比しアパ-ト用地の相続税評価額は約2割り下がります。

 

  • 相続税評価額は土地の形状だけでなく利用目的により差が出ます。
  • 相続税評価額を下げることができれば、相続税を節税できることになります。
PDFをご覧頂くには、Adobe社のAcrobatReaderが必要です。 お持ちでない方はこちらから無料でダウンロードできます。
税理士にお問い合わせ下さい! 相続財産安心パックはこちら!

2.アパ-ト経営とマンション経営はどちらのほうが相続税を節税?

 不動産の賃貸業をアパ-ト経営かマンション経営のいずれにしても土地の相続税評価額は同じです。マンションでもアパ-トでも下がる土地の相続税評価額は同じです。

 

 相続税の節税は建築コストの少ないアパ-ト経営のほうがリスクが少なく有効です。

 建築資金を金融機関からの借入をした場合には債務控除として借入金残高を相続税を計算するときに控除できます。

  • 建築コストの少ないアパ-トの方がリスクが低く相続税の節税効果があります。
PDFをご覧頂くには、Adobe社のAcrobatReaderが必要です。 お持ちでない方はこちらから無料でダウンロードできます。
税理士にお問い合わせ下さい! 相続財産安心パックはこちら!

3.相続人の安定した生活を長期間保障

 アパ-ト経営等の不動産の賃貸収入は、長期間安定した現金収入を確保できます。

 相続対策としてのアパ-ト経営は、土地の相続税評価額の引下げによる相続税の節税と家賃収入による納税資金の準備に利用できます。

 相続人に相続された後では、相続人に安定した長期間の家賃収入である現金収入の利用を可能にします。

  • 相続税の節税だけでなく、相続人の安定した生活を長期間保障を可能にします。
PDFをご覧頂くには、Adobe社のAcrobatReaderが必要です。 お持ちでない方はこちらから無料でダウンロードできます。

【免責事項】

このコンテンツは、サイトを閲覧される方の参考情報としてご覧いただいております。

税理士新谷健税理士事務所はご利用者が被るいかなる不利益についても一切責任を負いません。

予めご了承のうえご利用下さい。

実際の税務上の判断は必ず税理士や税務署に確認してください。

相続ワンポイント一覧へ戻る

お問い合わせ